コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澁澤龍彦 しぶさわたつひこ

2件 の用語解説(澁澤龍彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

澁澤龍彦
しぶさわたつひこ

[生]1928.5.8. 東京
[没]1987.8.5. 東京
フランス文学者,小説家,エッセイスト。本名は澁澤龍雄。 1953年東京大学仏文科を卒業。 54年に J.コクトーの『大股びらき』の翻訳を上梓して注目される。 56年の『マルキ・ド・サド選集』,59年の評論集『サド復活』をはじめ,一連のサドの翻訳,エッセイによって 18世紀フランスの異能作家を紹介した功績は高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

澁澤龍彦
しぶさわたつひこ
(1928―1987)

小説家、評論家、フランス文学者。本名澁澤龍雄(たつお)。1953年(昭和28)東京大学仏文科を卒業。1959年サドの『悪徳の栄え』を翻訳出版し、1961年猥褻(わいせつ)文書販売・所持罪となる。サドおよびフランス現代文学の翻訳、中世ヨーロッパの悪徳文学と東西文化のエロス的異端の系譜などを追求し、評論、小説などに活躍した。1962年小説『犬狼都市』『神聖受胎』、1964年『夢の宇宙誌』、1965年『新サド選集』『快楽主義―現代人の生き甲斐(がい)を探求する』、1967年に『エロティシズム』、1971年『黄金時代』、1972年『悪魔のいる文学史―神秘家と狂詩人』など、形而上(けいじじょう)学的なイメージを描いた。ほかに著書は『澁澤龍彦集成』、泉鏡花賞の『唐草物語』、『マルジナリア』、読売文学賞の『高丘親王航海記』など。昭和62年8月5日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

澁澤龍彦の関連キーワード固関Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数金井四郎山下和夫Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澁澤龍彦の関連情報