コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢竜彦 シブサワタツヒコ

4件 の用語解説(渋沢竜彦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぶさわ‐たつひこ〔しぶさは‐〕【渋沢竜彦】

[1928~1987]仏文学者・小説家・評論家。東京の生まれ。本名、竜雄。サドコクトーなどフランス文学の翻訳、研究のほか、評論・小説などに活躍。「唐草物語」で泉鏡花文学賞、「高丘親王航海記」で読売文学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

渋沢竜彦【しぶさわたつひこ】

小説家,評論家,仏文学者。東京生れ。本名竜雄。東大仏文科卒。1956年《マルキ・ド・サド選集》の翻訳刊行によって日本初の本格的サド研究家となる。《悪徳の栄え》続巻の翻訳が猥褻とされたことによって,いわゆる〈サド裁判〉の被告となる(1969年有罪確定)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢竜彦 しぶさわ-たつひこ

1928-1987 昭和時代後期のフランス文学者,小説家。
昭和3年5月8日生まれ。サド,コクトーなどの現代文学研究を柱に美術評論,文明論も手がけ,異端文学,オカルティズムの紹介者,幻想小説の作者として知られる。昭和36年「悪徳の栄え」の翻訳が猥褻(わいせつ)とされ,サド裁判の被告となった。昭和62年8月5日死去。59歳。東京出身。東大卒。本名は竜雄。著作に「サド復活」,小説に「高丘親王航海記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

しぶさわたつひこ【渋沢竜彦】

1928~1987) 仏文学者・小説家・評論家。東京生まれ。本名、竜雄。東大卒。サドの翻訳ほか、エロスと幻想に関する博物学的考察を展開。「思考の紋章学」、小説「高丘親王航海記」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋沢竜彦の関連キーワード市川寿美礼関谷嵐子戸田重昌豊崎光一橋本一明フランク永井三森孔子八木さわ子八木敏安士正夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone