渋沢竜彦(読み)シブサワタツヒコ

百科事典マイペディアの解説

渋沢竜彦【しぶさわたつひこ】

小説家,評論家,仏文学者。東京生れ。本名竜雄。東大仏文科卒。1956年《マルキ・ド・サド選集》の翻訳刊行によって日本初の本格的サド研究家となる。《悪徳の栄え》続巻の翻訳が猥褻とされたことによって,いわゆる〈サド裁判〉の被告となる(1969年有罪確定)。オカルティズムからユートピア思想にいたる該博な知識に支えられた多くのエッセー・スタイルの作品によって,特に若い世代の読者を獲得した。主著《サド復活》(1959年),《夢の宇宙誌》(1964年),《思考の紋章学》(1977年,泉鏡花賞),《高丘親王航海記》(1987年,読売文学賞)ほか。全集および翻訳全集がある。三島由紀夫から土方巽に及ぶ特異な交友関係も注目される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢竜彦 しぶさわ-たつひこ

1928-1987 昭和時代後期のフランス文学者,小説家。
昭和3年5月8日生まれ。サド,コクトーなどの現代文学研究を柱に美術評論,文明論も手がけ,異端文学,オカルティズムの紹介者,幻想小説の作者として知られる。昭和36年「悪徳の栄え」の翻訳が猥褻(わいせつ)とされ,サド裁判の被告となった。昭和62年8月5日死去。59歳。東京出身。東大卒。本名は竜雄。著作に「サド復活」,小説に「高丘親王航海記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶさわたつひこ【渋沢竜彦】

1928~1987) 仏文学者・小説家・評論家。東京生まれ。本名、竜雄。東大卒。サドの翻訳ほか、エロスと幻想に関する博物学的考察を展開。「思考の紋章学」、小説「高丘親王航海記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渋沢竜彦の関連情報