コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田部通寿 やたべ つうじゅ

2件 の用語解説(矢田部通寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田部通寿 やたべ-つうじゅ

1697-1768 江戸時代中期の装剣金工。
元禄(げんろく)10年生まれ。軍地功阿弥(ぐんじ-こうあみ)の門人で,奈良利寿(としなが)にもまなんだという。肉彫り地透かしを得意とし,水戸彫の中興の祖とよばれる。明和5年6月1日死去。72歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。通称は彦六。別号に胤寿,常陽水。作品に「雲竜文透鐔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

矢田部通寿

没年:明和5(1768)
生年:元禄10(1697)
江戸中期の金工家。常陸国(茨城県)水戸に生まれ,はじめ道寿,晩年には胤寿と名乗った。別号に常陽水がある。水戸の軍地功阿弥の門に学び,のちに奈良利寿の門に入ったとされている。作風は「狂獅子図鐔」「雲竜文透鐔」(いずれも東京国立博物館蔵)などが示すように鋭い彫技と雄壮な高彫りで知られる。門下からは,玉川美久から海野美盛に至る一派や玉川吉長,篠崎勝国から一柳友善に至る系統など多彩なすぐれた門人を輩出し,水戸彫りの興隆に尽くし,中興の祖と仰がれた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢田部通寿の関連キーワード江戸周桂宗隣早乙女家貞高瀬栄寿玉川吉十郎坪井直勝利随一柳友善(2代)平野友道前島平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone