コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田部通寿 やたべ つうじゅ

2件 の用語解説(矢田部通寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田部通寿 やたべ-つうじゅ

1697-1768 江戸時代中期の装剣金工。
元禄(げんろく)10年生まれ。軍地功阿弥(ぐんじ-こうあみ)の門人で,奈良利寿(としなが)にもまなんだという。肉彫り地透かしを得意とし,水戸彫の中興の祖とよばれる。明和5年6月1日死去。72歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。通称は彦六。別号に胤寿,常陽水。作品に「雲竜文透鐔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

矢田部通寿

没年:明和5(1768)
生年:元禄10(1697)
江戸中期の金工家。常陸国(茨城県)水戸に生まれ,はじめ道寿,晩年には胤寿と名乗った。別号に常陽水がある。水戸の軍地功阿弥の門に学び,のちに奈良利寿の門に入ったとされている。作風は「狂獅子図鐔」「雲竜文透鐔」(いずれも東京国立博物館蔵)などが示すように鋭い彫技と雄壮な高彫りで知られる。門下からは,玉川美久から海野美盛に至る一派や玉川吉長,篠崎勝国から一柳友善に至る系統など多彩なすぐれた門人を輩出し,水戸彫りの興隆に尽くし,中興の祖と仰がれた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

矢田部通寿の関連キーワード宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史カナレット矢田部通寿カナレットカナレット斑糲岩ハイチ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone