コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢絣/矢飛白 ヤガスリ

デジタル大辞泉の解説

や‐がすり【矢×絣/矢飛白】

矢羽根の模様を表した柄。矢筈(やはず)絣。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢絣
やがすり

矢筈(やはず)絣の略。矢筈は矢の上端の弦を受ける箇所をいうが、この形の絣模様をいう。すなわち、MとVとを上下に結び付け、真ん中を縦にくくった型を一単位とし、交互に色を変えながら、この型を上下左右、地文風に繰り返した模様。矢羽根に似ているところから、矢羽根をかたどった型になっていることが多い。木綿絣、紬(つむぎ)絣、お召絣など広く用いられているが、とくに明治から昭和初期にかけて、若い女性の間で愛用された。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の矢絣/矢飛白の言及

【矢羽根文】より

…矢羽根形を一つおきに反転させ縞状に並列させたもの。絣(かすり)の経(たて)糸がV字にずれてできる矢筈(やはず)絣が原形で矢絣ともいう。写実的な矢羽根文には桃山時代の織部陶に素朴なものがあり,また簳(やがら)(矢柄)も半ばまであらわし並列させる矢襖(やぶすま)文が〈桐矢襖模様辻が花染胴服〉に見られる。…

※「矢絣/矢飛白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

矢絣/矢飛白の関連キーワードトリガイ(鳥貝)太子間道矢羽根文クサグモ千代紙十字絣矢羽根和裁経絣

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android