矢野目源一(読み)やのめ げんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野目源一 やのめ-げんいち

1896-1970 大正-昭和時代の詩人,小説家。
明治29年11月30日生まれ。「王」「オルフェオン」などに詩を発表する。大正9年第1詩集「光の処女」を刊行。また好色物の翻訳を手がけ,戦後は艶笑小説で知られた。昭和45年10月12日死去。73歳。東京出身。慶大卒。詩集はほかに「聖瑪利亜の騎士」,小説集に「風流色めがね」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android