コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知れる シレル

デジタル大辞泉の解説

し・れる【知れる】

[動ラ下一][文]し・る[ラ下二]
他の人の知るところとなる。知られる。「名の―・れた人」「親に―・れては困る」
知ることができる。自然にわかる。判明する。「気心の―・れた人」「行方が―・れない」「あんなことをするなんて、気が―・れない」
大したことではないとわかる。それほどではないと見当がつく。「たかが―・れている」「一人の力なんて―・れたものだ」「集まるとしたって―・れた数だ」
(「しれたこと」の形で)わかりきっていて言うまでもない。「―・れたことよ」「金がないのは―・れたことだ」
(「どんなに…かしれない」などの形で)予想がつかないほど甚だしい、の意を表す。「どんなに心配したか―・れない」「どれほど待ち望んでいるか―・れない」→かも知れない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しれる【知れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 し・る
人に自然と知られる。 「少しは名の-・れた会社」 「お里が-・れる」
(多く打ち消しの形で用いる)話し手にそのことがわかる。 「あいつの気が-・れない」 「えたいの-・れないやつ」 「底-・れぬ力を持った人」
(「しれている」の形で)はじめからその範囲がだいたいわかっている。たいしたことはない。 「行き先はだいたい-・れている」 「たかが-・れている」
(「どんなに…かしれない」の形で)非常に…するであろう、という予測や、非常に…したという気持ちを表す。 「どんなに喜ぶか-・れない」 「どんなに迷惑したか-・れない」
知らせる。 「己おのが辺りを人に-・れつつ/万葉集 1446」 → かもしれない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知れるの関連キーワードシューマン, クララ:ロマンスと変奏/piano solo耳を掩いて鈴を盗む有り有り・在り在り分かる・解る・判る私のアントニーアローマ法の精神お半/長右衛門毛氈をかぶるやも知れぬ数が知れるやも知れず底が割れるねちねち大蔵虎明林泉高致知れた事一世一代被り・冠大かぶり思ひ構ふ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知れるの関連情報