コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知工 ちく

大辞林 第三版の解説

ちく【知工】

近世の廻船乗りの職制の一。船頭を補佐して積み荷の出入りや帳簿づけなど、船内会計を担当する役職。日本海地域でいった。岡廻り。岡使い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知工の関連キーワードアイシン精機[株]細川 藤右衛門アイシン精機川崎 善三郎愛知工業大学香美(市)大塚 雅春新見 吉治沢村 光博生源寺 順竹山 説三後藤 鉀二本多 静雄Dr.コパ南国(市)浅野 清土佐山田イチロー認知科学山﨑武司

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android