コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知恵ゆえの悲しみ ちえゆえのかなしみ Gore ot uma

1件 の用語解説(知恵ゆえの悲しみの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知恵ゆえの悲しみ
ちえゆえのかなしみ
Gore ot uma

ロシアの劇作家,外交官 A.グリボエードフの戯曲。 1822~24年執筆。4幕。喜劇。全編が詩の形で書かれ,三一致の法則が守られ,形式は擬古典主義を踏襲しているが,作品の根底にはリアリズムの精神が一貫して流れ,19世紀初めのロシア上流階級の偽善と貪欲,無知と怠惰が的確に描き出されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵ゆえの悲しみの関連キーワード外交官グリボエードフボエームラ・ボエームラボエーム私のチェーホフ殺しあいロシアの恋人石山正三イグナティエフ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone