コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知恵ゆえの悲しみ ちえゆえのかなしみGore ot uma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知恵ゆえの悲しみ
ちえゆえのかなしみ
Gore ot uma

ロシアの劇作家,外交官 A.グリボエードフの戯曲。 1822~24年執筆。4幕。喜劇。全編が詩の形で書かれ,三一致の法則が守られ,形式は擬古典主義を踏襲しているが,作品の根底にはリアリズムの精神が一貫して流れ,19世紀初めのロシアの上流階級の偽善と貪欲,無知と怠惰が的確に描き出されている。 29年のペテルブルグボリショイ劇場で初演,33年に出版されたが,検閲のため原作どおりの上演は 69年,出版は 75年。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵ゆえの悲しみの関連キーワードシチェプキンゴルチャコフマールイ劇場

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android