コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三一致 さんいっちthree unities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三一致
さんいっち
three unities

16~17世紀に,フランスの古典主義者によって唱えられた作劇法則アリストテレスが『詩学』のなかで説いた作劇上の理念を誤解したことから生じたもので,(1) 事件は1日のうちに終結しなければならないという時間の統一,(2) 事件は同一の場所において展開しなければならないとする場所の統一,(3) 劇の行動は一貫した単一のものでなければならないとする行動 (筋) の統一の3つから成る。しかしアリストテレスが実際に強調したのは,行動の統一だけで,あとは時間の統一に若干言及しているだけである。フランスではロマン主義演劇の台頭までこの法則はかなり厳格に守られていたが,イギリスでは,すでにシェークスピアの頃から無視されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐いっち【三一致】

《〈フランス〉trois unités》演劇は、一日の間(時間)に一か所(場所)で起こる一つの事(筋)を扱うべきであるという作劇理論。アリストテレスの理論を受けて、17世紀フランスの古典劇作者たちが主唱。三一致の法則。三単一の法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんいっち【三一致】

フランス古典主義演劇の作劇法の規範。劇は一日以内に(時の一致)、同一の場所で起こる(場所の一致)、単一の筋を(筋の一致)扱わねばならないとするもの。アリストテレスの「詩学」に由来。三単一の法則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三一致の言及

【三統一】より

…フランス古典劇の作劇法の眼目となる規則。〈三一致〉あるいは〈三単一〉とも訳される。16世紀の人文学者がアリストテレスの《詩学》に基づいて編んだ演劇理論に,舞台で展開する劇の筋の時間的制約である時の統一unité de temps,その空間的制約である場所の統一unité de lieu,さらに筋そのものが一本化されることを要求する筋の統一unité d’actionが,すでにうたわれている。…

※「三一致」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三一致の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)フェルナンデス・デ・モラティンバレエ・ダクシオンル・ミザントロープ知恵ゆえの悲しみドービニャックアンドロマックカステルベトロフランス演劇スマローコフフランス文学古典主義演劇三統一の規則モリエールル・シッドテンペスト文芸批評ラシーヌジョデルメーレ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三一致の関連情報