短気は損気(読み)たんきはそんき

ことわざを知る辞典「短気は損気」の解説

短気は損気

短気を起こすと、結局は自分がをする。一時の感情にかられて行動したり、結論を急いではならない。

[使用例] 「来やはらへんかて、かめしまへん」泰子のうち沈んでいうのに、「そんな短気は損気やわ。あたし、こんなにやきもきしたげてるのに」[横光利一*家族会議|1935]

[解説] 「損気」は、「短気」に語呂を合わせて印象を強めています。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「短気は損気」の解説

たんき【短気】 は 損気(そんき)

(「損気」は、「短気」に語呂を合わせて作られた語) 短気を起こすと結局は自分の損になる。短気をいましめたもの。
※俳諧・毛吹草(1638)二「かけむまにむち たんきはそんき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「短気は損気」の解説

短気たんき損気そんき

短気を起こすと、結局は自分の損になる。「損気」は「短気」に語呂を合わせたもの。短気をいましめた言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android