コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短気 タンキ

デジタル大辞泉の解説

たん‐き【短気】

[名・形動]辛抱ができず、すぐ怒ったりいらいらしたりすること。また、そのさま。気みじか。短慮。「短気を起こす」「見かけによらず短気な人だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんき【短気】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気が短いこと。辛抱ができずに、すぐに怒ったり飽きたりすること。また、そのさま。気みじか。 「 -を起こす」 「 -な人」 「『其様そんな事を私が知るもんかね』と-に云ふ/はやり唄 天外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

短気の関連キーワードワイルドキャット短気は未練の元待て暫しが無い短気は損気一分を捨つ仕出し女郎差し付けて厳つを出す筈が合わぬ割り口説き一本さすはやり唄のっしり唸った事気が減る気が短い間夫狂ひ風呂屋者目を抜く不心中者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短気の関連情報