コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短連歌 タンレンガ

デジタル大辞泉の解説

たん‐れんが【短連歌】

前句と付句(つけく)との2句からなる連歌。短歌の上の句に下の句をつける場合と、その逆の場合とがある。→長連歌(ちょうれんが)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんれんが【短連歌】

二句のみからなる連歌。長句(五七五)に短句(七七)をつける場合と、その逆の場合とがある。当意即妙を特色とする。 → くさり連歌

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の短連歌の言及

【連歌】より

…しかし一般には《万葉集》巻八の尼と大伴家持との短歌の上句と下句による問答が最初とされる。平安時代末ころまではこのような,短歌の上句と下句(下句を先に作るほうが多い)を合作する形式の連歌(〈短連歌〉という)が盛んに行われた。その多くが機知諧謔を中心とする即興問答的なものであったが,和歌的情趣を意図したものもあり,11世紀ころには詩としての完成度を求めるものも出現する。…

※「短連歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

短連歌の関連キーワード付合(文学)菟玖波集即興詩長連歌鎖連歌長句

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android