コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長連歌 チョウレンガ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐れんが〔チヤウ‐〕【長連歌】

短歌の上の句(長句)と下の句(短句)とを交互に詠み連ねる連歌。第一句を発句(ほっく)、次句を脇(わき)、第三句を第三、最終句を挙句(あげく)といい、百韻を定型とするが、ほかに歌仙・世吉(よよし)・五十韻・千句・万句などの形式がある。→短連歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

長連歌の関連キーワード付合(文学)菟玖波集鎖連歌即興詩雑俳式目