長連歌(読み)チョウレンガ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐れんが〔チヤウ‐〕【長連歌】

短歌の上の句(長句)と下の句(短句)とを交互に詠み連ねる連歌。第一句を発句(ほっく)、次句を脇(わき)、第三句を第三、最終句を挙句(あげく)といい、百韻を定型とするが、ほかに歌仙・世吉(よよし)・五十韻・千句・万句などの形式がある。→短連歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐れんが チャウ‥【長連歌】

〘名〙 五七五の長句と七七の短句とを交互に長くよみ続けた連歌。百韻(百句)で一巻とするのを基本とする。鎖連歌(くさりれんが)。⇔短連歌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android