石井孫兵衛(読み)いしい まごべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井孫兵衛 いしい-まごべえ

1827-1899 幕末-明治時代の能楽師大鼓方。
文政10年生まれ。石井流をつぎ,京都在住のまま加賀金沢藩につかえる。金剛流立方(たちかた)にも習熟し,明治の初め金剛謹之輔をおしえる。11年ごろから東京の能楽界で活躍,名人といわれた。明治32年1月21日死去。73歳。嫡子が早世していたため石井宗家はたえた。名は景行。号は一斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android