コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井金陵 いしい きんりょう

2件 の用語解説(石井金陵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

石井金陵

南画家。備前生。名は俊、字は君明。初め浦上春琴のち古市金峨岡本秋暉に学ぶ。篆刻にも秀でる。岡山県絵画会副会頭・大阪絵画会顧問。大正15年(1926)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井金陵 いしい-きんりょう

1842-1926 明治-大正時代の日本画家。
天保(てんぽう)13年9月生まれ。古市金峨(きんが),岡本秋暉(しゅうき)に師事。各地を遊歴して故郷岡山に帰り,門人に教えた。明治36年大阪にうつり,画房桃谷山荘をかまえ,大阪文人画壇の長老といわれた。大正15年11月19日死去。85歳。名は俊。字(あざな)は君明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石井金陵の関連キーワード小坂芝田秋田半三稲垣信歌川広重(4代)梅沢親光上総一下条桂谷庄田耕峰堀河護麿大正時代美術

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井金陵の関連情報