コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市金峨 ふるいち きんが

美術人名辞典の解説

古市金峨

幕末・明治の画家。備前生。名は献、通称は哲蔵、別号に藍山。岡本豊彦に師事し、人物花鳥画を能くする。また和歌にも精通した。明治13年(1880)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市金峨 ふるいち-きんが

1805-1880 江戸後期-明治時代の画家。
文化2年10月生まれ。京都で岡本豊彦(とよひこ)の門にはいり四条派をまなぶ。天保(てんぽう)の初め郷里の備前児島郡尾原村(岡山県倉敷市)にかえり,画塾をひらいた。明治13年2月14日死去。76歳。名は献。通称は啓三,哲蔵。別号に藍山。作品に「竜虎」「蘭亭曲水図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古市金峨の関連キーワード石井 金陵明治時代石井金陵

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android