コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本秋暉 おかもと しゅうき

美術人名辞典の解説

岡本秋暉

江戸後期の画家。江戸生。名は隆仙、字は柏樹、通称は祐之丞、晩年は秋翁と号す。小田原藩主大久保家に仕える。はじめ画を大西圭斎に、のち渡辺崋山に学び、沈南蘋など明清の画風にならった。写実的で精緻な表現を基調に装飾性が加味された花鳥画も得意とした。文久2年(1862)歿、56才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本秋暉 おかもと-しゅうき

1807-1862 江戸時代後期の画家。
文化4年生まれ。石黒政美(まさよし)の子。母方の姓をつぎ,相模(さがみ)(神奈川県)小田原藩主大久保家につかえる。はじめ大西圭斎に,のち渡辺崋山に師事した。写実的な花鳥画を得意とし,代表作に「四季花鳥図屏風」「二宮尊徳画像」がある。文久2年9月24日死去。56歳。江戸出身。名は隆仙。字(あざな)は柏樹。通称は祐之丞。別号に秋翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかもとしゅうき【岡本秋暉】

1807‐62(文化4‐文久2)
江戸末期の画家。江戸の人。通称祐之丞,秋翁とも号す。幼少より画を好み,鍬形蕙斎(くわがたけいさい)に師事し(谷文晁門大西圭斎師事説もある),のちさらに渡辺崋山にも学ぶ。小田原藩の大久保侯に仕え,広間番を務めつつ作画に専念。花鳥画を得意として椿椿山と並び称された。粉本主義をとらず,ひたすら筆法を磨き,写実的表現を修め,さらに装飾性を加味した独特の画風を作り上げた。【佐々木 丞平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

岡本秋暉の関連キーワード石井 金陵十時園四起石井金陵羽田子雲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android