コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石光真臣 いしみつ まおみ

1件 の用語解説(石光真臣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石光真臣 いしみつ-まおみ

1870-1937 明治-大正時代の軍人。
明治3年5月9日生まれ。石光真清(まきよ)の弟。明治38年日露戦争の際,旅順要塞(ようさい)参謀長となる。大正4年参謀本部欧米課長,5年支那駐屯軍司令官。憲兵司令官をへて,11年第一師団長。中将。中国通,また軍事教練の発案者として知られた。昭和12年12月8日死去。68歳。肥後(熊本県)出身。陸軍大学校卒。名は「まつおみ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の石光真臣の言及

【石光真清】より

…失意の帰国後は貧苦と念仏三昧の晩年だった。陸軍中将石光真臣(1870‐1937)はその弟。自伝(遺稿)四部作(《城下の人》《曠野の花》《望郷の歌》《誰のために》)は,明治国家の裏面を数奇に生き抜いた著者が,類のない無私の眼で時代を記録した傑作である。…

※「石光真臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石光真臣の関連キーワード市川堅太郎大野豊四隈元政次桑島省三篠尾明済柴豊彦野口詮太郎平野勇堀内三郎牧田太