コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石光真臣 いしみつ まおみ

1件 の用語解説(石光真臣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石光真臣 いしみつ-まおみ

1870-1937 明治-大正時代の軍人。
明治3年5月9日生まれ。石光真清(まきよ)の弟。明治38年日露戦争の際,旅順要塞(ようさい)参謀長となる。大正4年参謀本部欧米課長,5年支那駐屯軍司令官。憲兵司令官をへて,11年第一師団長。中将。中国通,また軍事教練の発案者として知られた。昭和12年12月8日死去。68歳。肥後(熊本県)出身。陸軍大学校卒。名は「まつおみ」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の石光真臣の言及

【石光真清】より

…失意の帰国後は貧苦と念仏三昧の晩年だった。陸軍中将石光真臣(1870‐1937)はその弟。自伝(遺稿)四部作(《城下の人》《曠野の花》《望郷の歌》《誰のために》)は,明治国家の裏面を数奇に生き抜いた著者が,類のない無私の眼で時代を記録した傑作である。…

※「石光真臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

石光真臣の関連キーワード中国映画日活(株)製糸業日本科学史株式会社名古屋(市)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone