コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石光真清 イシミツマキヨ

5件 の用語解説(石光真清の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしみつ‐まきよ【石光真清】

[1868~1942]陸軍軍人。熊本の生まれ。日清戦争後からシベリア出兵の時期に満州(中国東北部)で諜報活動に従事。自伝「城下の人」「曠野の花」「望郷の歌」「誰のために」の四部作は、子の真人によってまとめられ毎日出版文化賞を受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石光真清【いしみつまきよ】

陸軍軍人,諜報員。熊本県生れ。1889年陸軍士官学校卒。日清戦争で中尉として台湾に出征。ロシア研究と情報収集のため,1899年シベリアに渡って諜報活動,ハルビンでは写真館を営むなどして活動を継続した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石光真清 いしみつ-まきよ

1868-1942 明治-大正時代の軍人,諜報活動家。
慶応4年8月31日生まれ。石光真臣(まおみ)の兄。明治22年陸軍にはいり,32年ロシアにわたる。ハルビンで写真館をいとなみながら諜報活動に従事。37年第二軍管理部長。少佐。大正6年軍嘱託となり,満州,ロシアで諜報任務につく。昭和17年5月15日死去。75歳。肥後(熊本県)出身。陸軍士官学校卒。手記が子の真人によって「曠野(こうや)の花」など4部作にまとめられ,昭和33年毎日出版文化賞をうけた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしみつまきよ【石光真清】

1868‐1942(明治1‐昭和17)
陸軍軍人,軍事諜報員。熊本城下に生まれ,神風連の乱西南の役での敗残の美質の人々,戦火に翻弄され苦しむ人々を身近に目撃。1883年陸軍幼年学校に入り橘周太(日露戦争時の〈軍神〉)に兄事。89年士官学校卒。近衛師団勤務後,日清戦争で中尉として台湾に出征。96年憂国の念からロシア研究に志し,参謀本部次長田村怡与造の了解のもと99年休職してシベリアへ私費渡航。ブラゴベシチェンスクで語学研修を名目にロシア軍人の家庭などに寄寓,馬賊の妻となっている日本人娼婦らと交友しつつ義和団の動乱下で諜報活動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いしみつまきよ【石光真清】

1868~1942) 陸軍軍人。熊本県生まれ。満州(中国東北部)で諜報活動に従事。手記「城下の人」「曠野の花」「望郷の歌」「誰のために」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

石光真清の関連キーワード戊辰戦争アフリカ文学軍艦小事典早竹虎吉(初代)明治東京(都)シャピロマレー白石喜之助ヒルハウス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone