コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石光真清 イシミツマキヨ

5件 の用語解説(石光真清の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしみつ‐まきよ【石光真清】

[1868~1942]陸軍軍人。熊本の生まれ。日清戦争後からシベリア出兵の時期に満州(中国東北部)で諜報活動に従事。自伝「城下の人」「曠野の花」「望郷の歌」「誰のために」の四部作は、子の真人によってまとめられ毎日出版文化賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石光真清【いしみつまきよ】

陸軍軍人,諜報員。熊本県生れ。1889年陸軍士官学校卒。日清戦争で中尉として台湾に出征。ロシア研究と情報収集のため,1899年シベリアに渡って諜報活動,ハルビンでは写真館を営むなどして活動を継続した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石光真清 いしみつ-まきよ

1868-1942 明治-大正時代の軍人,諜報活動家。
慶応4年8月31日生まれ。石光真臣(まおみ)の兄。明治22年陸軍にはいり,32年ロシアにわたる。ハルビンで写真館をいとなみながら諜報活動に従事。37年第二軍管理部長。少佐。大正6年軍嘱託となり,満州,ロシアで諜報任務につく。昭和17年5月15日死去。75歳。肥後(熊本県)出身。陸軍士官学校卒。手記が子の真人によって「曠野(こうや)の花」など4部作にまとめられ,昭和33年毎日出版文化賞をうけた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いしみつまきよ【石光真清】

1868‐1942(明治1‐昭和17)
陸軍軍人,軍事諜報員。熊本城下に生まれ,神風連の乱西南の役での敗残の美質の人々,戦火に翻弄され苦しむ人々を身近に目撃。1883年陸軍幼年学校に入り橘周太(日露戦争時の〈軍神〉)に兄事。89年士官学校卒。近衛師団勤務後,日清戦争で中尉として台湾に出征。96年憂国の念からロシア研究に志し,参謀本部次長田村怡与造の了解のもと99年休職してシベリアへ私費渡航。ブラゴベシチェンスクで語学研修を名目にロシア軍人の家庭などに寄寓,馬賊の妻となっている日本人娼婦らと交友しつつ義和団の動乱下で諜報活動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしみつまきよ【石光真清】

1868~1942) 陸軍軍人。熊本県生まれ。満州(中国東北部)で諜報活動に従事。手記「城下の人」「曠野の花」「望郷の歌」「誰のために」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石光真清の関連キーワード陸軍中野学校トップモデル諜報員 カバー・アップ猪田正吉大熊鵬篠尾明済谷田文衛谷豊米良貞雄桃井直幹熊本城下

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone