コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石坂周造 いしざか しゅうぞう

2件 の用語解説(石坂周造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石坂周造 いしざか-しゅうぞう

1832-1903 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)3年1月1日生まれ。石坂宗哲の養子。山岡鉄舟の義弟。尊攘(そんじょう)運動にくわわる。明治4年長野石炭油を創立し,石油採掘業をはじめる。アメリカから鋼索式掘削機械を導入したが,失敗をかさねる。32年新潟県西山で採油に成功,開発鉱区をほかの業者に開放した。明治36年5月22日死去。72歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は渡辺。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石坂周造

没年:明治36.5.22(1903)
生年:天保3.1.1(1832.2.2)
明治時代の石油採掘業の先駆者。幕医石坂宗哲の次男。江戸深川生まれ。尊王攘夷に加わり幾度か投獄。明治3(1870)年釈放後,義兄山岡鉄舟の尽力で翌年8月,長野石炭油会社を資本金3万円で設立,善光寺付近で手掘りを開始。前アメリカ函館領事A.C.ダンを雇い綱掘機械を輸入,華族資金も加え15万円の石油会社(社名)に発展するが失敗。11年3月解散。静岡でも失敗。22年9月新潟県西山油田鎌田3号井でようやく成功するが,鉱区を独占せず業者に開放するなど計画の甘さがみられた。<参考文献>日本石油編『日本石油史』『日本石油百年史』

(小林正彬)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

石坂周造の関連キーワード市川団十郎雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]プラット修正ロシア映画石坂周造古河市兵衛

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone