コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川一光 いしかわ かずみつ

1件 の用語解説(石川一光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川一光 いしかわ-かずみつ

?-1583 織豊時代の武将。
美濃(みの)(岐阜県)加賀島(かがしま)(鏡島)城主石川家光の3男。羽柴(豊臣)秀吉につかえる。賤ケ岳(しずがたけ)の戦いで一番槍(やり)となって柴田勝家軍に突入し,天正(てんしょう)11年4月戦死。賤ケ岳七本槍と同格の功とされ,弟頼明(よりあき)に1000石があたえられたという。初名は貞友。幼名は兵助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石川一光の関連キーワード織豊時代阿蘇惟将石川頼明伊藤盛景佐知景則柴田勝豊遠山友忠土岐頼春原勝胤毛受家照