コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川一光 いしかわ かずみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川一光 いしかわ-かずみつ

?-1583 織豊時代の武将。
美濃(みの)(岐阜県)加賀島(かがしま)(鏡島)城主石川家光の3男。羽柴(豊臣)秀吉につかえる。賤ケ岳(しずがたけ)の戦いで一番槍(やり)となって柴田勝家軍に突入し,天正(てんしょう)11年4月戦死。賤ケ岳七本槍と同格の功とされ,弟頼明(よりあき)に1000石があたえられたという。初名は貞友。幼名は兵助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川一光の関連キーワード石川貞清

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android