コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川宮麻呂 いしかわの みやまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川宮麻呂 いしかわの-みやまろ

?-713 飛鳥(あすか)-奈良時代の公卿(くぎょう)。
蘇我連子(そがの-むらじこ)の5男。慶雲2年大宰大弐(だざいのだいに)となり,和銅6年従三位。「万葉集」に,長田王(ながたのおおきみ)の水島(熊本県八代市)での詠歌にこたえる歌があるが,宮麻呂の作か石川君子の作か不明。和銅6年12月死去。名は宮守とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川宮麻呂の関連キーワード奈良時代蘇我連子あすか公卿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android