コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川康通 いしかわ やすみち

1件 の用語解説(石川康通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川康通 いしかわ-やすみち

1554-1607 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)23年生まれ。石川家成(いえなり)の長男。徳川家康の家臣。天正(てんしょう)8年父の跡をついで遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川城主。18年家康の関東入りにしたがい,上総(かずさ)鳴渡(なると)(千葉県成東)に2万石をあたえられた。関ケ原の戦いでは清洲(きよす)城をまもり,佐和山城攻略にくわわり,慶長6年美濃(みの)(岐阜県)大垣藩主石川家初代となる。5万石。慶長12年7月26日死去。54歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石川康通の関連キーワード覚定可児才蔵菊岡卜一鏡尼順専正玄雪林津軽信建等木日野輝子