コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川康通 いしかわ やすみち

1件 の用語解説(石川康通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川康通 いしかわ-やすみち

1554-1607 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)23年生まれ。石川家成(いえなり)の長男。徳川家康の家臣。天正(てんしょう)8年父の跡をついで遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川城主。18年家康の関東入りにしたがい,上総(かずさ)鳴渡(なると)(千葉県成東)に2万石をあたえられた。関ケ原の戦いでは清洲(きよす)城をまもり,佐和山城攻略にくわわり,慶長6年美濃(みの)(岐阜県)大垣藩主石川家初代となる。5万石。慶長12年7月26日死去。54歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川康通の関連キーワードデンマーク文学竜造寺政家駿府城犬山藩ピカレスク小説悪漢小説江戸落語上方落語策伝大賞アルム広場

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone