コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川康通 いしかわ やすみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川康通 いしかわ-やすみち

1554-1607 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)23年生まれ。石川家成(いえなり)の長男。徳川家康の家臣。天正(てんしょう)8年父の跡をついで遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川城主。18年家康の関東入りにしたがい,上総(かずさ)鳴渡(なると)(千葉県成東)に2万石をあたえられた。関ケ原の戦いでは清洲(きよす)城をまもり,佐和山城攻略にくわわり,慶長6年美濃(みの)(岐阜県)大垣藩主石川家初代となる。5万石。慶長12年7月26日死去。54歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川康通の関連キーワード大垣城

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川康通の関連情報