石川康通(読み)いしかわ やすみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川康通 いしかわ-やすみち

1554-1607 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)23年生まれ。石川家成(いえなり)の長男。徳川家康の家臣。天正(てんしょう)8年父の跡をついで遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川城主。18年家康の関東入りにしたがい,上総(かずさ)鳴渡(なると)(千葉県成東)に2万石をあたえられた。関ケ原の戦いでは清洲(きよす)城をまもり,佐和山城攻略にくわわり,慶長6年美濃(みの)(岐阜県)大垣藩主石川家初代となる。5万石。慶長12年7月26日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川康通の関連情報