石川錦織許呂斯(読み)いしかわのにしごりの ころし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川錦織許呂斯 いしかわのにしごりの-ころし

日本書紀」にみえる人物。
河内(かわち)(大阪府)錦部(にしごり)郡を拠点とした錦織氏のひとりか。仁徳(にんとく)天皇41年,朝廷の使節に礼を失して日本におくられてきた百済(くだら)(朝鮮)の王族酒君(さけのきみ)にだまされ,自宅にかくまったという。住吉大神神領山守になったという伝承もある。名は許呂志ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android