コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川錦織許呂斯 いしかわのにしごりの ころし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川錦織許呂斯 いしかわのにしごりの-ころし

日本書紀」にみえる人物。
河内(かわち)(大阪府)錦部(にしごり)郡を拠点とした錦織氏のひとりか。仁徳(にんとく)天皇41年,朝廷の使節に礼を失して日本におくられてきた百済(くだら)(朝鮮)の王族酒君(さけのきみ)にだまされ,自宅にかくまったという。住吉大神神領山守になったという伝承もある。名は許呂志ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android