コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川魯庵 いしかわ ろあん

1件 の用語解説(石川魯庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川魯庵 いしかわ-ろあん

1773-1841 江戸時代後期の儒者。
安永2年生まれ。石川香山の養子となり,尾張(おわり)名古屋藩校明倫堂につとめる。文政10年(1827)江戸にいき,徳川斉温(なりはる)の侍読や学問所総裁をつとめた。天保(てんぽう)12年4月3日死去。69歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は水野。名は嘉貞(よしさだ)。字(あざな)は公幹。通称は順次。著作に「魯庵詩集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川魯庵の関連キーワードウィリアムHハリソン天保の改革ティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱藤本善右衛門徳川家斉徳川家斉徳川家斉

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone