石橋一麿(読み)いしばし いちまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋一麿 いしばし-いちまろ

?-1778 江戸時代中期の俳人,戯作(げさく)者。
江戸吉原の妓楼(ぎろう)上総屋の主人。寛保(かんぽう)4年「華尋集」を編集,明和7年深川での遊びをえがいた洒落(しゃれ)本「辰巳之園(たつみのその)」をあらわす。安永7年9月29日死去。別号に一丸,雀々堂,夢中散人寝言先生など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android