コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋一麿 いしばし いちまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋一麿 いしばし-いちまろ

?-1778 江戸時代中期の俳人,戯作(げさく)者。
江戸吉原の妓楼(ぎろう)上総屋の主人。寛保(かんぽう)4年「華尋集」を編集,明和7年深川での遊びをえがいた洒落(しゃれ)本「辰巳之園(たつみのその)」をあらわす。安永7年9月29日死去。別号に一丸,雀々堂,夢中散人寝言先生など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石橋一麿の関連キーワード一麿俳人戯作

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android