コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋庵真酔 いしばしあん ますい

1件 の用語解説(石橋庵真酔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋庵真酔 いしばしあん-ますい

1774-1847* 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
安永3年生まれ。市岡猛彦(たけひこ)に国学をまなぶ。名古屋の貸本屋の読み物作家となり,雑俳(ざっぱい)の宗匠もつとめた。弘化(こうか)3年11月27/28日死去。73歳。名は時恭。字(あざな)は豹恵。別号に増井(万寿井)山人,彙斎(いさい)。号は「しゃくきょうあん」ともよむ。作品に「小説不実梅」「津島土産」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石橋庵真酔の関連キーワードルイルイ福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語恋愛小説笹川繁蔵ローゼン鉱化剤

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone