コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市岡猛彦 いちおか たけひこ

美術人名辞典の解説

市岡猛彦

江戸後期の国学者・尾張藩士。通称藤太郎・東太郎・藤十郎・藤重郎、号は槲園・椎垣内。本居宣長・同春庭門人。鈴木朖・平野広臣等と共に尾張の国学を振興した。著書に『春風集』『新古今集もろかづら』等がある。文政10年(1827)歿、50才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市岡猛彦 いちおか-たけひこ

1778/81-1827 江戸時代後期の国学者。
安永7/天明元年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。本居宣長(もとおり-のりなが),春庭にまなぶ。考証,和歌などにすぐれ,尾張鈴屋(すずのや)学派で中心的役割をはたした。文政10年2月21日死去。47/50歳。通称は藤(東)十郎。号は槲園,椎垣内。著作に「雅言仮字格(がげんかなづかい)」,歌集「讃酒(さんしゅ)百首」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

市岡猛彦

没年:文政10.2.21(1827.3.18)
生年:天明1(1781)
江戸後期の国学者。通称は藤太郎。槲園,椎垣内と号した。尾張(名古屋)藩士市岡甚右衛門の子。寛政12(1800)年,町方吟味物調役に出仕,文化2(1805)年に家督を継いで町方吟味役並となり,本役に進み,没したときは長囲炉裏番であった。本居宣長の門に入ったのは寛政12年,翌年の師の死去に当たって本居春庭に再び入門,古学研究に力を注いだ。尾張鈴屋学派の中心メンバーとして,歌学と考証にすぐれ,一方,『讃酒百首』(1835)の詠作からは豪快落々の風貌がうかがえる。他に『紐鏡うつし辞』『雅言仮字格』などの著が板本で伝わっている。<参考文献>『名古屋市史人物編』2巻

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

市岡猛彦の関連キーワード石橋庵真酔市岡みち子中尾義稲鈴木春蔭本居内遠市岡和雄岡部孝之河村内郷安永

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android