石油汚染(読み)せきゆおせん(英語表記)oil pollution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油汚染
せきゆおせん
oil pollution

石油による環境汚染。環境中に放出された石油類は,海岸に漂着あるいは海底に沈んで魚介類に被害を与え,海面に油膜を生じて海水の温度に影響を与え,また海流に乗り廃油ボールとなって,海岸に打上げられる。 1991年の中東湾岸戦争時には,大量の石油流出による海洋汚染が大きな問題となった。流出油対策としては,オイルフェンス,吸着材などで拡大させないようにするが,効果は薄く,界面活性剤などで沈下させるほかに方法はない。海洋汚染防止法により投棄の規制および取締り,廃油処理施設の整備がはかられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android