コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油蛋白 せきゆたんぱく petro-protein

2件 の用語解説(石油蛋白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油蛋白
せきゆたんぱく
petro-protein

石油中に含まれるノルマルパラフィンを原料として生産される微生物菌体あるいはそれから抽出した微生物蛋白をいう。初め,灯油そのものを原料とし,低温で灯油が凝固する原因となる高級パラフィンを除く脱パラフィンを兼ねる方法がフランスで開発され,次いで,尿素アダクト法,モレキュラーシーブ法などで,灯油から精製されたノルマルパラフィンを原料とする方法が発展してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきゆたんぱく【石油蛋白】

石油系の炭化水素をエネルギー源として利用する微生物によって産出されたタンパク質。 → 微生物タンパク質

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石油蛋白の関連キーワードシクロパラフィンパラフィン系炭化水素パラフィン油パラフィン蝋正ブタンノルマルパラフィンパラフィンランプパラフィン頁岩炭素優先指数微生物タンパク(微生物蛋白)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone