コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油蛋白 せきゆたんぱくpetro-protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油蛋白
せきゆたんぱく
petro-protein

石油中に含まれるノルマルパラフィンを原料として生産される微生物菌体あるいはそれから抽出した微生物蛋白をいう。初め,灯油そのものを原料とし,低温で灯油が凝固する原因となる高級パラフィンを除く脱パラフィンを兼ねる方法がフランスで開発され,次いで,尿素アダクト法,モレキュラーシーブ法などで,灯油から精製されたノルマルパラフィンを原料とする方法が発展してきた。これらの方法で生産された酵母菌体は,メチオニンを除く必須アミノ酸含量が高く,魚粉に匹敵する栄養価をもつといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せきゆたんぱく【石油蛋白】

石油系の炭化水素をエネルギー源として利用する微生物によって産出されたタンパク質。 → 微生物タンパク質

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石油蛋白の関連キーワードエネルギー源

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android