石油蛋白(読み)せきゆたんぱく(英語表記)petro-protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油蛋白
せきゆたんぱく
petro-protein

石油中に含まれるノルマルパラフィンを原料として生産される微生物菌体あるいはそれから抽出した微生物蛋白をいう。初め,灯油そのものを原料とし,低温で灯油が凝固する原因となる高級パラフィンを除く脱パラフィンを兼ねる方法がフランスで開発され,次いで,尿素アダクト法,モレキュラーシーブ法などで,灯油から精製されたノルマルパラフィンを原料とする方法が発展してきた。これらの方法で生産された酵母菌体は,メチオニンを除く必須アミノ酸含量が高く,魚粉に匹敵する栄養価をもつといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android