コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微生物蛋白 びせいぶつたんぱくsingle cell protein; SCP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微生物蛋白
びせいぶつたんぱく
single cell protein; SCP

微生物菌体が含有する蛋白質あるいは蛋白源としての微生物菌体そのものをいう。単細胞蛋白ともいう。酵母,細菌,カビ (糸状菌) など微生物は菌体重量の数十%が蛋白質から成っており,工業規模で生産しうる新しい蛋白資源として,食飼料に利用できる。原料としては,糖質を含む種々の天然物,農畜産廃液などがあり,化石原料 (石油,石炭,天然ガスなど) からの生産も,資源の保有状況,社会の情勢にもよるが,重要なものの一つと考えられている (→石油蛋白 ) 。この目的のために,メタンガス,ノルマルパラフィン,石油化学製品であるメチルアルコールエチルアルコールなどが利用される。ノルマルパラフィンからは酵母菌体が,メチルアルコールからは細菌菌体が生産されている。水素細菌や光合成細菌を用い,炭酸ガスを原料とする方法も研究が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

微生物蛋白の関連キーワード単細胞蛋白質SCP

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android