コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石獣 セキジュウ

大辞林 第三版の解説

せきじゅう【石獣】

牛・馬・獅子など獣の形をした大きな石像。特に中国唐・宋代、帝王など貴人の廟びよう・墓の前に守護・装飾のために造られたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の石獣の言及

【石人石獣】より

…中国では古くから,宮殿,祠廟,墳墓などの前に石造の人物や怪獣を配置した。陝西省興平県霍去病(かくきよへい)墓の墳丘をめぐって立てられていた16体の馬,虎,人,猪(ブタ),牛,羊,蝙蝠,魚などを表した石像は,石人石獣のもっとも古い形とされている。だが,前漢の遺例はこのほかになく,後漢代に墓前に立てられた石人石獣が後代につながる形式をとる。…

※「石獣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石獣の関連キーワードシャラ・オッソ・ゴル遺跡ヒラコテリウム陝西省博物館マストドン石人・石獣ステゴドン周口店遺跡顧郷屯遺跡石人・石馬永泰公主墓石造建築明十三陵中国建築マンモス石人石獣石人石馬石獅子十三陵霍去病明孝陵

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石獣の関連情報