コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田元季 いしだ もとすえ

美術人名辞典の解説

石田元季

俳人・国文学者。京都生。漢詩文を林家に、国学を平田篤胤に修める。俳文学をもっての帝国学士院賞授賞の最初となった。著書に『俳文学考説』等がある。昭和18年(1943)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田元季 いしだ-もとすえ

1877-1943 明治-昭和時代前期の国文学者。
明治10年5月17日生まれ。愛知医大教授,八高講師をつとめ,研究誌「紙魚(しみ)」を主宰する。尾張地方の学者,文人,芸能人研究の草分けのひとりで,昭和15年「俳文学考説」で学士院賞。昭和18年1月9日死去。67歳。京都出身。平安義黌(ぎこう)卒。著作に「千代尼おもかげ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石田元季の関連キーワード横井也有草双紙沢露川明治也有

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android