石田樹心(読み)いしだ じゅしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「石田樹心」の解説

石田樹心 いしだ-じゅしん

1898-1950 大正-昭和時代の農民運動家。
明治31年1月6日生まれ。早大在学中に建設者同盟にくわわる。大正14年郷里の佐賀県基山(きやま)で重松愛三郎らと小作争議を指導して入獄。昭和6年全農全国会議派の争議部長,全国委員となる。13年人民戦線事件でも入獄。戦後社会党,のち共産党に転じた。昭和25年1月28日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android