コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田樹心 いしだ じゅしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田樹心 いしだ-じゅしん

1898-1950 大正-昭和時代の農民運動家。
明治31年1月6日生まれ。早大在学中に建設者同盟にくわわる。大正14年郷里の佐賀県基山(きやま)で重松愛三郎らと小作争議を指導して入獄。昭和6年全農全国会議派の争議部長,全国委員となる。13年人民戦線事件でも入獄。戦後は社会党,のち共産党に転じた。昭和25年1月28日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石田樹心の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android