コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建設者同盟 けんせつしゃどうめい

大辞林 第三版の解説

けんせつしゃどうめい【建設者同盟】

大正期、早大の学生を中心とする社会運動団体。1919年(大正8)和田巌・稲村隆一・浅沼稲次郎らによって結成され、26年まで存続。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

建設者同盟【けんせつしゃどうめい】

1919年2月早大関係者を中心にデモクラシー普及を目的として結成された民人同盟会から同年10月脱退した浅沼稲次郎三宅正一ら学生が北沢新次郎教授を擁して結成した社会主義運動団体。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建設者同盟
けんせつしゃどうめい

大正後半期の早稲田(わせだ)大学を拠点にした学生の社会運動団体。1919年(大正8)9月ごろ、早稲田大学内の民人同盟会(同年2月結成)が具体的な運動路線をめぐる対立と人間的な親疎感によって分裂し、脱退した和田巌(いわお)、浅沼稲次郎(いねじろう)、三宅正一(みやけしょういち)らの学生が北沢新次郎教授の指導の下に結成、「最モ合理的ナル新社会之建設ヲ期ス」との綱領を掲げた。東京帝国大学の新人会と並ぶ形で、初めはデモクラシーの研究から出発し、やがて社会主義運動・労働運動、とくに「民衆の中へ」を合いことばにして実際の農民解放運動へと進んでいった。この間22年10月に機関誌『建設者』を創刊するとともに、東大、明大(渡部義通(わたなべよしみち))その他の大学の学生や、農民運動家、青年団活動家(羽生三七(はにゅうさんしち))、中国留学生(彭湃(ほうはい))らも加えて幅広い団体に発展した。23年1月、同盟は「無産階級の絶対的解放を実現せんとする戦闘機関」に自らを改編し、早大学内団体として文化同盟の結成を決定した(発足は5月)。建設者同盟は26年12月まで存続し、木崎(きざき)村争議をはじめ農民運動に顕著な活躍を示した。[佐藤能丸]
『建設者同盟史刊行委員会編『早稲田大学建設者同盟の歴史』(1979・日本社会党中央本部機関紙局) ▽早稲田大学大学史編集所編『稿本早稲田大学百年史 第3巻 上』(1980・早稲田大学出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の建設者同盟の言及

【浅沼稲次郎】より

…1910年上京,18年早稲田大学予科に入学,雄弁会,ボート部に属したが,翌年2月,民人同盟会結成に参加した。同会が急進,現実両派に分裂するや後者に属し,和田巌,稲村隆一らと9月,建設者同盟を結成,以後田所輝明,三宅正一らと行動をともにした。20年大学部に進み,23年卒業,同年5月の早稲田軍教事件では反対運動で活躍,右翼学生のリンチにあう。…

【学生運動】より

…新人会は〈人類解放の新気運に協調し之れが促進に努む〉〈現代日本の合理的改造運動に従ふ〉を綱領として掲げ,研究会・講演会を催し,また実際運動として各地に支部を設け,亀戸新人セルロイド工組合を組織したりした。19年には早稲田大学の学生浅沼稲次郎,稲村隆一らが建設者同盟を結成し,新人会と呼応してデモクラシーの普及を目的に学内宣伝を行った。また,建設者同盟は地方青年(とくに農村)への宣伝活動も行った。…

※「建設者同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建設者同盟の関連キーワード軍事教練反対運動日本社会主義同盟早稲田軍教事件早稲田軍研事件北沢 新次郎古田 大次郎小宮山 明敏浅沼 稲次郎渡部 義通平田 晋策淺沼稲次郎稲村 隆一宮井 進一古田大次郎川俣 清音石田 樹心田所 輝明学生運動平野力三石田樹心

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android