石田玉山(読み)いしだ ぎょくざん

美術人名辞典の解説

石田玉山

江戸後期の画家。大坂生。名は修徳、別号に石峰・玉峰・蓼華斎等。岡田玉山に師事し、師名を受ける。挿画を能くする。一説に文化9年(1812)歿、享年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田玉山 いしだ-ぎょくざん

?-1812? 江戸時代後期の挿絵画家。
大坂の人。岡田玉山の弟子。文化年間(1804-18)の読み本に秀作をのこす。細密画では師よりすぐれた。文化9年?死去。名は修徳。別号に玉峰,蓼華斎。作品に「葦牙(あしかび)草紙」「長柄(ながら)長者黄鳥墳(うぐいすづか)」などの挿絵がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android