石筆(読み)せきひつ

精選版 日本国語大辞典「石筆」の解説

せき‐ひつ【石筆】

〘名〙
黒色または赤色粘土をかわかして固め、の形に削り、にはさんで書画を書くに用いたもの。携帯に便利。石墨を心(しん)とした今の鉛筆にあたる。
※俳諧・天満千句(1676)三「石筆や他山のおぼへ時の花〈如見〉 はじめて此峯存立春〈利方〉」
② 墨つぼに筆を入れる筒のついたもの。帯に差し込んで持ち歩く。矢立(やたて)
蝋石などを棒状に造り、石盤に文字・図画などを書くのに用いるもの。
※彼日氏教授論(1876)〈ファン=カステール訳〉二「習字は先ず石筆を以て石盤上に習はしむ」
[語誌](①について) (1)「和漢三才図会‐一五」に「石筆‐其石紫黒色、削成如筆形、嵌管軸、而不墨書字。最易滅唯備忽志耳。広博物志所謂盧山有石墨書者此類矣」とあるが、今日の鉛筆とは異なる。
(2)近世中期から「石筆」はオランダ舶来の筆記具をも指すようになった。それは、西洋の鉛筆あるいはその初期のものであったと思われる。近世の文献では「石筆」に「セキヒツ」「イシフデ」「ポットロード」の三通りの読み方が確認されるが、「増訂華英通語」(一八六〇)では「鉛筆(ポットロード)」とルビが付されており、「鉛筆」と「石筆」の関連性がうかがわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「石筆」の解説

せき‐ひつ【石筆】

蝋石ろうせきを加工して鉛筆状につくったもの。石盤に文字や絵をかくのに用いる。
黒色または赤色の粘土を乾かして固め、筆の穂の形に作ったもの。管に挟んで書画をかくのに用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石筆の言及

【鉛筆】より

…その形状は細長い棒状の黒鉛(メキシコ産)を木鞘にさしこんだ,全長114mmのものである。次いで渡来したのは幕末で,当時は石筆と呼ばれた。石筆はオランダ語potloot(陶工の鉛の意)の訳語で,もとはスペイン産黒鉛の商品名Potlothであった。…

※「石筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android