石蹴り遊び(読み)イシケリアソビ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石蹴り遊び
いしけりあそび
Rayuela

アルゼンチンの作家コルタサルの長編小説。1963年刊。小説家を志してパリにきたアルゼンチン人オラシオ・オリベイラを主人公に、ある事件がもとで失踪(しっそう)する恋人のラ・マーガ、帰国したオリベイラを出迎える友人で主人公の分身でもあるトラベラーとその妻のタリータ、これらの人物を中心にデラシネ(根なし草)的現代人の魂の彷徨(ほうこう)と愛の探究の物語が展開する。作者は実験的手法を思うさま駆使しているが、内容と手法が巧みに結合して、現代ラテンアメリカ小説の代表作と評価されている。[木村榮一]
『土岐恒二訳『ラテンアメリカの文学 8 石蹴り遊び』(1983・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石蹴り遊びの関連情報