コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂壌土 サジョウド

デジタル大辞泉の解説

さじょう‐ど〔サジヤウ‐〕【砂壌土】

砂土(さど)よりも粘土の多い土壌。粘土の含有量が12.5~25パーセントのもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂壌土
さじょうど

土性区分の一つ。土の粒子を細粒部分(粘土)、中粒部分(シルト)および粗粒部分(砂)に分けたとき、それらがほぼ等量に混じり合っている壌土に比べ、やや砂分が多い土をいう。かつて日本農学会法で定められた方法によると、全土重量のうち粘土分の占める割合が12.5~25%の範囲にある土の土性名称として、砂壌土という名があてられた。この場合シルト分や砂分の割合は問われない。また粘土の粒径は0.01ミリメートル以下としている。しかしこのような土粒分析を行わなくても、野外で訓練された指先の感触により、砂壌土を壌土または砂土と区別することは可能である。一方、国際法で定める土性区分があり、日本でいう砂壌土に近く名称も同じサンディローム(略記SL)がこの砂壌土にあたるとみてもよいが、厳密な土粒構成範囲は両者で一致しない。したがって砂壌土をsandy loamと訳したり、その逆の言い換えをすることは混乱のもとである。
 砂壌土は沖積平野の自然堤防上や旧河道沿いの耕地、山地斜面の風化層の表土などによくみられ、細粒の礫(れき)を含むことも多い。[浅海重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

砂壌土の関連キーワードパイナップルチューリップ濃尾平野苗畑錦山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android