コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂壌土 サジョウド

2件 の用語解説(砂壌土の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さじょう‐ど〔サジヤウ‐〕【砂壌土】

砂土(さど)よりも粘土の多い土壌。粘土の含有量が12.5~25パーセントのもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂壌土
さじょうど

土性区分の一つ。土の粒子を細粒部分(粘土)、中粒部分(シルト)および粗粒部分(砂)に分けたとき、それらがほぼ等量に混じり合っている壌土に比べ、やや砂分が多い土をいう。かつて日本農学会法で定められた方法によると、全土重量のうち粘土分の占める割合が12.5~25%の範囲にある土の土性名称として、砂壌土という名があてられた。この場合シルト分や砂分の割合は問われない。また粘土の粒径は0.01ミリメートル以下としている。しかしこのような土粒分析を行わなくても、野外で訓練された指先の感触により、砂壌土を壌土または砂土と区別することは可能である。一方、国際法で定める土性区分があり、日本でいう砂壌土に近く名称も同じサンディローム(略記SL)がこの砂壌土にあたるとみてもよいが、厳密な土粒構成範囲は両者で一致しない。したがって砂壌土をsandy loamと訳したり、その逆の言い換えをすることは混乱のもとである。
 砂壌土は沖積平野の自然堤防上や旧河道沿いの耕地、山地斜面の風化層の表土などによくみられ、細粒の礫(れき)を含むことも多い。[浅海重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂壌土の関連キーワード重粘土紙粘土砂土粘土槨粘土岩ギルガイクライ土壌粘土盤層ルータム泥球

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砂壌土の関連情報