研修制度(読み)けんしゅうせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

研修制度
けんしゅうせいど

必要な態度や能力を身につけさせるために,組織がその構成員に課する訓練制度。終身雇用制の組織では,ポスト間の移動にそなえて,あるいは専門職業上の技法発達に追従するために,能力向上の訓練が行われる。また一般に,組織内の集団生活を効果的におくらせるために,これに必要な態度や集団についての洞察を身につける訓練も行われる。日本でも人事院自治大学校をはじめ中央,地方を通じて研修機関が設けられ,種々なコースの研修が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

研修制度の関連情報