コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝煙反応 ショウエンハンノウ

デジタル大辞泉の解説

しょうえん‐はんのう〔セウエンハンオウ〕【硝煙反応】

銃を発射した際に手や着衣などに付着した硝煙を検査するために、ジフェニルアミンで紫色に発色させるなどの化学反応鑑識法の一つとして犯罪捜査などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

硝煙反応【しょうえんはんのう】

犯罪鑑識の一つ。銃を発射すると,火薬の爆発により二酸化窒素NO2が発生する。このNO2の付着した手や着衣を湿らせ,ジフェニルアミンNH(C6H52を作用させると紫色を呈することによって鑑識する方法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

硝煙反応の関連キーワード科学捜査

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硝煙反応の関連情報