犯罪鑑識(読み)はんざいかんしき

百科事典マイペディアの解説

犯罪鑑識【はんざいかんしき】

犯罪捜査の科学的分野を担当する活動。組織資料による鑑識と技術による鑑識がある。前者は指紋,顔写真,銃器弾丸類,偽造通貨等を分類保管して利用,後者は法医学,化学,物理学等を活用し各種資料を採取・鑑定する。都道府県警察警察庁の鑑識課や科学警察研究所が担当。
→関連項目硝煙反応

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android