コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫ヒ銅鉱 りゅうひどうこうenargite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫ヒ銅鉱
りゅうひどうこう
enargite

Cu3AsS4 。少量の鉄が銅を,アンチモンがヒ素を置換することがある。斜方晶系,ルソン鉱 (正方晶系) と同質異像。板状またはC軸方向に伸びた柱状結晶。鉄黒色で不透明。硬度3,比重 4.45。主として浅成低温熱水鉱床中に,四面銅鉱黄鉄鉱黄銅鉱,自然テルル,ルソン鉱などと共生して産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

硫ヒ銅鉱の関連キーワードルゾナイトアンチモン硫塩鉱物銅鉱物銅藍銅山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android