コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫ヒ銅鉱 りゅうひどうこうenargite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫ヒ銅鉱
りゅうひどうこう
enargite

Cu3AsS4 。少量の鉄が銅を,アンチモンがヒ素を置換することがある。斜方晶系,ルソン鉱 (正方晶系) と同質異像。板状またはC軸方向に伸びた柱状結晶。鉄黒色で不透明。硬度3,比重 4.45。主として浅成低温熱水鉱床中に,四面銅鉱黄鉄鉱黄銅鉱,自然テルル,ルソン鉱などと共生して産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

硫ヒ銅鉱の関連キーワードルゾナイトアンチモン硫塩鉱物銅鉱物銅藍銅山

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android