四面銅鉱(読み)しめんどうこう(英語表記)tetrahedrite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四面銅鉱
しめんどうこう
tetrahedrite

(Cu,Fe)12Sb4S13 。等軸晶系,四面体の結晶形をもつ銅の鉱物で,銅を約 46%含む。帯黒灰色,鉄黒色,条痕は黒色。硬度3 ~ 4,比重 4.6 ~ 5.1。深成鉱床 (神岡) ,接触交代鉱床 (秩父) ,層状含銅硫化鉄鉱床 (別子) ,鉱脈 (千歳) ,黒鉱鉱床 (小坂) などに銀とともに産する。黝 (ゆう) 銅鉱ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

四面銅鉱【しめんどうこう】

銅の鉱石鉱物の一つ。黒〜黒灰色,不透明で,多くは四面体結晶を示す。組成は3Cu2S・Sb2S3に近く,SbはAsと置換して固溶体を作る。等軸晶系,硬度3.5〜4,比重4.97。銅が主要金属成分で,銀を10%前後含有し得る。銅鉱床中に広く産出し,日本では黒鉱の銅鉱石として重要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しめんどうこう【四面銅鉱 tetrahedrite】

化学式Cu10(Fe,Zn)2Sb4S13の鉱物。SbをAsが置換したヒ四面銅鉱tennantiteとの間に完全固溶体をつくり,合わせてファレルツFahlerzとも呼ばれる。少量のAg,Hg,Pbが金属原子を置換するが,Agが多量に置換したものはフライバージャイトfreibergiteとして知られる。等軸晶系。自形は(111)の正四面体が比較的ふつうで,これが鉱物名の由来でもある。また不規則な粒状ないし緻密な塊状でも産す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しめんどうこう【四面銅鉱】

銅・アンチモン・硫黄いおうなどを含む鉱物。等軸晶系。通常、光沢のある鉄黒色で四面体結晶をなす。銀を含有することもある。銅・銀の原料鉱石。黝ゆう銅鉱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しめん‐どうこう ‥ドウクヮウ【四面銅鉱】

〘名〙 銅、アンチモン、硫黄を主成分とするもろい鉱物。塊状または粒状で銅などの鉱床に産する。等軸晶系で多くは四面体結晶。黒褐色で金属光沢がある。銅、銀の原料。黝(ゆう)銅鉱。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android