コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸エステル りゅうさんエステルsulfuric ester

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんエステル【硫酸エステル sulfuric ester】

二塩基酸である硫酸(HO)2SO2の水素原子1個または2個が炭化水素基Rで置換された化合物の総称。酸性エステル(モノエステル)RO-SO2-OHと中性エステル(ジエステル)RO-SO2-ORの2種類が存在する。 酸性エステルはアルコールに濃硫酸または発煙硫酸を作用させると生成する。また,アルケンに硫酸を付加しても得られる。酸性エステルは粘稠な液体で蒸留できない。水に溶け,加熱すると加水分解されてアルコールとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

硫酸エステルの関連キーワードワイドハイター粉末タイプ化粧セッケン(化粧石鹼)セレブロシド硫酸エステルミリスチルアルコールラウリルアルコールヘパリンナトリウムインジゴホワイトセチルアルコールアニオン活性剤左右田 徳郎酸性エステルスルファチドインドキシルラムノースエタノールバット染料スルホン化ガラクタンムコ多糖類AS 洗剤

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android