コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硼砂球反応 ホウシャキュウハンノウ

2件 の用語解説(硼砂球反応の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃきゅう‐はんのう〔ハウシヤキウハンオウ〕【×硼砂球反応】

硼砂の粉末を白金線につけて熱し、無色のガラス球を作り、これに金属塩を付着させて再び溶融すると、その金属特有の色が現れる反応。金属の定性分析に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうしゃきゅうはんのう【硼砂球反応】

環状に巻いた白金線の先にホウ砂を着け加熱溶融してガラス状球(ホウ砂球)とし、これに金属を含む試料を付着させ再び加熱すると金属特有の色が現れる現象。金属元素の簡便な定性分析に応用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硼砂球反応の関連キーワード金粉陶歯粉末冶金砥の粉色赤墨金線銀粉白金物泥膏白金黒