コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定性分析 ていせいぶんせきqualitative analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定性分析
ていせいぶんせき
qualitative analysis

問題の物質がどのような化学種から成り立っているか,あるいはある特定の化学種を含むかどうかを知る目的で行う分析法の総称。普通,存在する元素イオン原子団,分子などを検出,確認するには,既知化学反応 (たとえば呈色沈殿) や物理的性質 (たとえばスペクトル線波長,屈折率比重融点沸点など) を利用して行う。試料を分解し,分族を含む系統的なイオンの定性分析法が古くから確立されているが,実用的には発光分光分析,ケイ光X線分析,赤外吸収分析,各種クロマトグラフィーなど有力な機器分析法が主流になりつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

定性分析【ていせいぶんせき】

試料がどのようなものであるか,あるいはどのような成分からなるかを検出する分析法。通常定量分析の前に行う。一般に成分元素あるいは基,根などの検出確認には,それぞれに特有な化学反応,物理的性質(色,融点,沸点,電導度,結晶形,比重,磁性,誘電率,屈折率,スペクトル)などを調べて,既知のものと対照して確認する。
→関連項目化学分析

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

定性分析

 量にかかわりなく,ある混合物に特定の物質が存在しているかといったことを調べる分析.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ていせいぶんせき【定性分析】

試料の構成成分を調べたり、試料中に特定の元素・物質が含まれているかどうかを確認する目的で行う化学分析。 → 定量分析

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定性分析
ていせいぶんせき
qualitative analysis

化学分析のうち試料中に含まれる各種の成分の種類を知るための分析法の総称。未知物質を分析する際に最初に行うべき操作で、その操作を検出、確認、定性あるいは同定などとよぶ。定性の方法としては、物質中に含まれる特定化学種(原子、原子団、分子、イオン、基、同位体その他)に固有の特性やその変化を利用して行う。もっとも素朴な方法は、視覚、臭覚など人間の感覚を利用したものである。さらにこれに基づいて加熱、溶解などの手段を加えて試料中の成分の変化を観察する。加熱変化を観察する方法で、無機化合物を対象としたものは乾式法とよばれ、主として水溶液の化学変化を利用する方法は湿式法とよばれている。定性分析ののちに行われるのが定量分析である。機器分析では定性と定量を兼ねて行う場合が多い。[高田健夫]
『佐竹正忠・御堂義之・永広徹著『分析化学の基礎』(1994・共立出版) ▽京都大学総合人間学部自然環境学科物質環境論講座編『無機定性分析実験』(1994・共立出版) ▽今泉洋・上田一正他著『基礎分析化学』(1998・化学同人)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の定性分析の言及

【化学分析】より

…化学分析とは,〈何が〉〈どれだけ〉〈どのような状態で〉含まれているかを明らかにすることである。もともと,〈何が含まれているか〉を明らかにするのは定性分析qualitative analysisであり,〈どれだけ含まれているか〉を明らかにするのは定量分析quantitative analysisである。〈どのような状態で含まれているか〉を明らかにするのは状態分析state analysisとよばれている。…

※「定性分析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定性分析の関連キーワード電子線マイクロアナライザーガスクロマトグラフィーポーラログラフィーケイ光X線分析器赤外線ガス分析計赤外線分光分析ミヒラーケトン赤外分光分析有機化学分析ホウ砂球反応紫外分光測光フレゼニウスろ紙(濾紙)蛍光X線分析原子発光分析ホウ砂球試験X線分光分析硼砂球反応数理経済学示差熱分析

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android