コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碁聖戦 ごせいせん

2件 の用語解説(碁聖戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碁聖戦
ごせいせん

1976年に始った新聞囲碁連盟が主催する囲碁タイトル戦。共同通信に加盟している地方新聞に掲載される。優勝者には碁聖のタイトルが与えられる。棋聖,名人,本因坊などと並んで7大タイトルの1つである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごせい‐せん【碁聖戦】

囲碁の七大タイトル戦の一。昭和51年(1976)創設。タイトル保持者とトーナメント戦優勝者が五番勝負で決勝戦を行い、勝者が碁聖のタイトルを手にする。連続10期以上タイトルを獲得した棋士は現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉碁聖を名乗ることができる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

碁聖戦の関連キーワードブルガリア文学川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドームアイヌ語学習塾座散乱木遺跡専修学校詩集オリンピック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

碁聖戦の関連情報