コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本因坊 ほんいんぼう

7件 の用語解説(本因坊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本因坊
ほんいんぼう

もとは京都寂光寺の開祖日淵の坊号。初め本因坊日雄といっていたが,久遠院を称するにあたり甥の日海 (1世本因坊算砂 ) にそれを譲った。寂光寺に本因坊という塔頭 (たっちゅう) があり日海はそこに住んでいたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんいんぼう〔ホンインバウ〕【本因坊】

囲碁の一流派。碁所四家の筆頭。安土桃山時代本因坊算砂(さんさ)を祖とし、21世秀哉(しゅうさい)まで継承。
昭和14年(1939)以後、囲碁の専門棋士による選手権の優勝者に与えられる称号。→本因坊戦

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本因坊【ほんいんぼう】

囲碁の家元。京都寂光寺第2世であった加納算砂(日海)が祖で,寂光寺の自坊にちなんで本因坊算砂と名乗った。初世算砂名人以後,歴代の本因坊は安井・井上・林の各家とともに4家元で碁所の司に就任。
→関連項目方円社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほんいんぼう【本因坊】

江戸時代,幕府の扶持(ふち)を受けた囲碁家元4家の筆頭。京都寂光(じやつこう)寺の塔頭(たつちゆう)〈本因坊〉の僧算砂(本因坊算砂)を祖とする。4世道策(本因坊道策)は布石理論をひっさげて近代碁の基礎を築き,無敵の5世道知とともに本因坊家の優位を不動のものとした。9世察元は時の6世井上春碩(しゆんせき)因碩(1707‐72)と名人位を争い,紛争をきわめた争碁に勝ち念願の名人となり,本因坊家中興の祖といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんいんぼう【本因坊】

江戸時代、囲碁の一流派。囲碁で幕府に仕え、囲碁の家元となった。京都寂光寺の僧坊本因坊に起居した日海が囲碁の名手で、本因坊算砂さんさと称したのに始まる。門人中技芸卓抜なものが名称を継承したが、1939年(昭和14)二一世秀哉が引退して後はタイトルの一つとなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

本因坊

囲碁の家元の一つで、現在は囲碁の本因坊戦に優勝した棋士に与えられる称号。本因坊とは、もともとは安土桃山~江戸時代初期に織田信長豊臣秀吉徳川家康の3人に仕えたとされる碁の名手・本因坊算砂を開祖とする家系で、多くの名棋士を輩出した。1938年、21世本因坊秀哉が引退を機に本因坊の名跡を毎日新聞社に譲渡し、同社がこれを日本棋院に寄贈。これにより本因坊は家元制から選手権制へと移行し、39年以降は囲碁選手権戦・本因坊戦のタイトルとなっている。

(2013-7-12)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本因坊
ほんいんぼう

算砂(さんさ)を初代とする囲碁の家元で、現在は選手権制によるタイトルの一つ。一般に碁の強い人の別称としても使われる。
 16世紀に、京都・寂光寺の本因坊という塔頭(たっちゅう)の住職日海上人(しょうにん)は碁の名手として知られ、初め織田信長に引見され、のち豊臣(とよとみ)秀吉、徳川家康に仕えた。信長は日海の技量を名人とたたえ、秀吉は碁会を催し、成績抜群の日海に20石十人扶持(ぶち)の官賜「碁所(ごどころ)」の位を贈った。秀吉の没後、家康は日海を江戸へ招いて、名人碁所に任じ、50石五人扶持を与えた。日海は本因坊を号とし、算砂と改名した。これが本因坊の名跡(みょうせき)の始まりである。以後、世襲制がとられ、本因坊としては、4世道策(どうさく)、5世道知(どうち)、9世察元(さつげん)、12世丈和(じょうわ)、19世秀栄(しゅうえい)らの名人が輩出。21世本因坊秀哉(しゅうさい)が引退を期に名跡を毎日新聞社に譲渡、毎日新聞社は新しい棋戦としての本因坊戦の独占掲載を条件に本因坊名跡を日本棋院に寄贈した。こうして、本因坊は1939年(昭和14)から選手権制に改められ、囲碁選手権戦のタイトルの一つとなった。[河野直達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本因坊の言及

【寂光寺】より

…そののち,寺地は洛中を転々し,江戸中期から現在地に移った。当寺が世に注目されるのは囲碁の名人,本因坊1世の算砂(さんさ)日海(本因坊算砂)が出たからである。本因坊は当寺の塔頭の一つ。…

【本因坊算砂】より

…安土桃山~江戸初期の囲碁名人。1世本因坊。京都寂光寺の開祖日淵の甥にあたる。…

※「本因坊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本因坊の関連キーワード本因坊栄寿本因坊秀格本因坊戦本因坊道策囲碁殿堂碁師尖み碁聖村瀬秀甫寂光寺

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本因坊の関連情報