碧血(読み)へきけつ

大辞林 第三版の解説

へきけつ【碧血】

〔周の萇弘ちようこうが主君をいさめて聞き入れられず恨んで自殺したところ、その血が碧玉になったという「荘子外物」の故事から〕
忠誠心のたとえ。 「百年-の恨が凝つて化鳥の姿となつて/倫敦塔 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android